羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼ビジターセンターがお届けする知床の自然情報 > 10月13日【セイヨウオオマルハナバチ防除】巡視情報

10月13日【セイヨウオオマルハナバチ防除】巡視情報 [2010年10月14日]

紅葉の色鮮やかな葉も徐々に落ち始め、冬に近づいています。
でも暖かい日が差す日中には、マルハナバチはエサを探して飛んでいます。
今回羅臼町内で行ったセイヨウオオマルハナバチ防除巡視でも、3頭を捕獲しました。

今回捕獲した中に、オスバチがいました。
さて、オスバチとメスバチの違いはどこにあるでしょう。

101013_ookisanohikaku.JPG

大きさはあまり変わりませんよね。

女王バチや働きバチはすべてメス、というのはご存じでしょうか。
また、メスバチには針がありますが、オスバチに針はありません。
それ以外にも、後ろ脚の「脛節(けいせつ)」という部位の形状が
よく見るとオスとメスでは違うようです。

101013_miwakekata.JPG


こういった細かい形状の違いからも、オスとメスが見分けられます。
またその違いから、生活様式や役割などに違いがあるということも分かります。


今回は、セイヨウオオマルハナバチの他に、ホソバウンランという
外来植物の駆除も行いました。

101013_hosobaunran.JPG


次の世代の種が残らないよう、そしてこれ以上の拡大を防ぐため、
引き続き駆除と監視を続けていきます。

 

<羅臼町内で見られたもの>

鳥類:オオセグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ、ウミウ、シノリガモ、
   カワガラス、ハクセキレイ、ハシブトガラス、ハシボソガラス
植物:[在来]エゾオグルマ、ヤマハハコ、コウゾリナ、ナギナタコウジュ
   [外来]アメリカオニアザミ、セイヨウノコギリソウ、ムラサキツメクサ、
      シロツメクサ、ヒメジョオン、フランスギク、セイヨウタンポポ、
      ヨモギギク、ユウゼンギク、ホソバウンラン
昆虫:[在来]エゾオオマルハナバチ、シュレンクマルハナバチ
   [外来]セイヨウオオマルハナバチ

(環境省:後藤)

 

月別アーカイブ