羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼ビジターセンターがお届けする知床の自然情報 > 11月17日【オオワシ・オジロワシ飛来状況調査①】情報

11月17日【オオワシ・オジロワシ飛来状況調査①】情報 [2010年11月17日]

1月中旬から4月上旬にかけて
知床に飛来するオオワシ・オジロワシの飛来状況を把握する調査を、
ウトロ・羅臼自然保護官事務所合同で行っています。

この調査は、ロシアなど北で夏を過ごし、冬になりエサを求めて南下してくるワシを数える調査です。

生息範囲が限られた彼らは希少な鳥類で、環境省は保護の取組を進めています。
この調査は、それらの基礎データになります。
また、定期的な観察は、怪我や病気などで衰弱した異常個体の早期発見にもつながります。

週1回、ウトロ・羅臼合同で行うこの調査。
湯ノ沢~羅臼川河口、於尋麻布漁港~相泊まで約35㎞の区間が羅臼自然保護官事務所の担当です。

今年度初となる第1回目の羅臼側の調査結果です。
オオワシ0羽
オジロワシ7羽

飛来する姿が確認できるようになってきました。

101117_chousanoyousu.JPG

調査を行っている様子です。

 

<於尋麻布~相泊で見られたもの>

鳥類:トビ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、シロカモメ、                     ウミネコ、ミツユビカモメ、ユリカモメ、エゾアカゲラ♂、スズガモ、
シノリガモ、ヒメウ、カワガラス
哺乳類:エゾシカ

(環境省:後藤)

月別アーカイブ