羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼ビジターセンターがお届けする知床の自然情報 > 3月2日【湯ノ沢~相泊】巡視情報

3月2日【湯ノ沢~相泊】巡視情報 [2012年03月05日]

今日は、ビジターセンターのある湯ノ沢から道路終点地の相泊まで、
巡視を行いました。

今回の巡視で注意して見ていたのは主に2つ。

1つは、鳥インフルエンザの発生がないか、衰弱している水鳥はいないか、
各河川や漁港内に飛来している水鳥(カモ類やカモメ類、ハクチョウなど)
の様子を見ています。

もう1つは、2/15に起こったとされる択捉島でのタンカー座礁事故での
油流出による被害状況の確認です。
油に汚染された水鳥や海棲哺乳類がいないか、またそれらの漂着した死体を
採食しようとしている生き物はいないか、などなど。

今回の巡視では、どちらも確認することはありませんでした。

確認しなかった、という結果も大事な調査結果です。

水鳥が飛来している冬期間。
今後も引き続き、異常がないことを願いながら巡視を続けます。

rausukou.jpg
根室海峡は流氷に覆われています。


<湯ノ沢~相泊で見られたもの>

鳥類:オジロワシ、オオワシ、トビ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、
   シロカモメ、ワシカモメ、シノリガモ、ホオジロガモ、スズガモ、
   ウミアイサ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、ハシボソガラス、
   ハシブトガラス

(環境省:後藤)

月別アーカイブ