羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼ビジターセンターがお届けする知床の自然情報 > 1月29日【第9回オオワシ・オジロワシ飛来状況調査】情報

1月29日【第9回オオワシ・オジロワシ飛来状況調査】情報 [2013年02月04日]

第9回の羅臼側の調査結果

オオワシ  56羽 (成鳥46羽、幼鳥10羽)

オジロワシ 53羽 (成鳥33羽、幼鳥20羽)  

109羽という結果でした。

ojirowasi.JPG

オジロワシ成鳥(左)とハシボソガラス(右)

 

 カラスに比べるとオジロワシはやはり大きいですね。

オオワシ、オジロワシ共に羽を広げると約2mを越える大きさです。オス・メスによっても大きさが違うのですが、実は、一般的に猛禽類はメスの体の方が大きく、オオワシ、オジロワシもメスの方が大きいのです。

オジロワシの何つがいかは知床で繁殖しているので、オス・メスが並んで樹にとまっている姿を見ることができます。そんなとき、よく観察してみると体の大きさの違いでオス・メスを見分けることができるかもしれません。ぜひ観察してみてください。

 

<その他確認した鳥獣>

鳥類:オオセグロカモメ、セグロカモメ、ワシカモメ、オオハクチョウ、

      ホオジロガモ、カワアイサ、シノリガモ、ハシブトガラス、ハシボソカラス

哺乳類:エゾシカ

 

                              (環境省 菅原)

月別アーカイブ