羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME> 羅臼ビジターセンターがお届けする最近の羅臼湖情報> 8月28日【羅臼湖巡視】自然情報

知円別岳の麓に水を湛える知床半島最大の湖、羅臼湖。
湿原植物の色、動物たちの声、山岳が映る湖面が揺れる。

8月28日【羅臼湖巡視】自然情報 [2014年9月4日]

みなさんこんにちは。
140829p1.jpg


8月下旬の羅臼湖登山道の様子をお伝えします。

140829p2.jpg


二の沼の笹薮に、隠れるようにエゾオヤマリンドウが咲いていました。

140829p3.jpg


また、4の沼ではサワギキョウが沼を縁取るように咲いていました。

140829p4.jpg


こちらはウメバチソウです。
高山の湿地に生息するとされています。この花を見ると、秋の気配を感じます。

秋の気配を感じているのは私だけではないようで、実りもぽつぽつと顔をのぞかせはじめています。
140829p5.jpg


140829p6.JPG


今年は、ハイマツの実が豊作のようです。
ヒグマやシマリスなど、多くの野生動物のお腹を満たしてくれる事でしょう。

140829p7.JPG


早速、誰かがハイマツを食べたようです。一体どの野生動物でしょうか?(人かもしれません。)

140829p8.jpg


この日は地元小学校の遠足日でした。
羅臼湖のような美しい場所が、故郷である事をうらやましく思います。

~お知らせ~
現在羅臼湖では、植生保護のための新ルートの建設とそれに伴う木道、歩道改修作業が進められています。

撤去した旧木道などが積まれた箇所がありますが、通行には支障がありません。
また、ヘリコプターによる資財の搬送作業も行われます。
ご協力とご理解の程を、どうぞよろしくお願いいたします。

行く前にチェック→羅臼湖ルール

【自然情報】
植物:サワギキョウ、ウメバチソウ、エゾオヤマリンドウ、アキノキリンソウ、ワタスゲ(綿毛)ツルリンドウ

(環境省 上村)

月別アーカイブ