羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼ビジターセンターがお届けする知床の自然情報 > 今年の冬もヒメハジロ?!

今年の冬もヒメハジロ?! [2014年11月24日]

himehajiro_edit.jpg

2012年12月に羅臼で初確認されたヒメハジロ。昨年に引き続き今年も羅臼に現れました。
前回は1月下旬に観察されています。今年はちょっと早かったようです。

日本で見られる海ガモでは一番小さい種です。以前の記事でもご紹介しましたが、夏は北米大陸北部の繁殖地(アラスカやカナダ)で過ごし、冬は越冬のため南部に移動します。ということで、本来は日本に立ち寄ることのない珍しい鳥なのです。

このカモ、実は樹洞営巣性で、繁殖地ではキツツキ類(主にハシボソキツツキ)が木に掘った古い穴や巣箱に、4~17個もの卵を生んで営巣するそうです。海にプカプカ浮いている姿からはちょっと想像できませんが、一度見てみたいですね。

(参考:The Cornell lab of Ornithologyなど)





月別アーカイブ