羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼ビジターセンターがお届けする知床の自然情報 > 小春日和にさそわれて

小春日和にさそわれて [2014年12月09日]

hukinotou.JPG 

 心地よい天気のある日、終盤を迎えたシロザケの遡上の調査をするために、羅臼町のチエンベツ川の河畔を歩いていたところ、信じられない光景を目にしました。地表の枯草の上にぽつん、ぽつんと新緑の塊が見えました。なんとフキノトウです。

 和名はアキタブキ。知床では、雪が解けて地表が見え始めた4月ころに最初に出てきます。フキノトウは、知床の春を最初に知らせてくれる、私たちにとってありがたい植物でもあります。また新芽は、山菜の王様と言って良いほどさまざまな料理に使われます。

 このフキノトウは、小春日和にさそわれて、芽吹きの時期を間違えてしまったのでしょうか。よく見ると白いつぼみも見えますが、葉は少ししなびています。しっかりと花を咲かせ、次の春に種を残すことができるのか心配になってしまいますが、何とか頑張れ!と応援せずにはいられません。


月別アーカイブ