羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼ビジターセンターがお届けする知床の自然情報 > またまた連山の様子と羅臼の様子

またまた連山の様子と羅臼の様子 [2015年06月01日]

150601_blog2.JPG
昨日は日中ずっと雨模様でしたが、夕方ごろから晴れてきました。ウトロ側は天気が良かったのでしょうか、連山の向こう側の様子はわかりませんが羅臼岳の山頂付近が赤く色づいていました。

ビジターセンターの周りもやっと春と何度かお伝えしていましたが、この数日であっという間に初夏を感じさせる景色となってしましました。先週末からは、北海道の初夏の風物ともいえるエゾハルゼミがちらほらと鳴き始め、今朝はジジジジ・・・と周辺至る所から鳴き声が響いています。

~ここ数日の自然情報~
<野鳥>
ツツドリ(先週から鳴き始め)、アカハラ、センダイムシクイ、ヤブサメ、ウグイス、オオルリ、キビタキ、コサメビタキ、シジュウカラ、ハシブトガラ、ゴジュウカラ、コゲラ、ニュウナイスズメ、アオジなど

<植物>
ヒメイチゲ、コミヤマカタバミ、エゾエンゴサク、スミレの仲間、カエデの仲間などが開花しています。

その他、今朝は久しぶりに海の方もすっきりと晴れました。もしやと探すと知円別沖をルサの方へ向かってシャチ2頭がゆっくりと泳ぐ姿が陸からはっきりと見えました。
本日羅臼ビジターセンターは休館日となっておりますが、天気がとても良いのでビジター周辺を散策するのも、海に行って生き物探しをするのも楽しめそうです。

※町内の陸からクジラ類ウォッチングができる場所
クジラの見える丘公園(要双眼鏡等)、ルサフィールドハウス(双眼鏡、望遠鏡付いています)

150601_blog1.JPG
150601_blog3.JPGのサムネール画像


















(知床財団 シイナ)

月別アーカイブ