羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼ビジターセンターがお届けする知床の自然情報 > 初夏に入って森の様子

初夏に入って森の様子 [2015年07月01日]

150701_blog_1.jpg羅臼もだいぶ温かくなり、散策するのに丁度いい気候になってきたので、望郷の森まで散策に行ってきました。一見すると花も終わっているようでしたが、よくよく足元を見るとエゾノクサイチゴやオオヤマフスマ、オククルマムグラなどが小さいながらも花を咲かせていました。

150701_blog_2.jpg
花だけでなく、少し歩くだけでウグイスやオオルリ、ヒガラ、アカゲラなどの鳥も観察できました。
アカゲラは縄張り争いの真っ最中だったらしく、散策路のすぐ近くでキョッキョッキョッと2羽で鳴いていました。最初は近くで観察できると喜んでいたのですが、その鳴声はとても大きく(他の鳥の鳴声が聞こえなくなるほど)、すぐにその場を退散することに。離れても暫くはアカゲラの縄張り争いの声は響いてきて、こんなに大きな鳴声がでるのかと驚かされました。

早朝の散策は色々な生き物と出会えるのでオススメです。

(知床財団 小川)

月別アーカイブ