羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼ビジターセンターがお届けする知床の自然情報 > 羅臼湖歩道は、まだ雪の下です

羅臼湖歩道は、まだ雪の下です [2016年06月22日]

羅臼湖に行ってきました。


羅臼湖の標高は680760mあり、平地より標高が高いので、まだまだ残雪があります。


道路上からは、羅臼湖歩道の入口がどこなのか分かりにくい状況です。

1.jpg

羅臼湖入口から二の沼へ向かう夏道です。


水たまりが多く、長くつがないと歩けそうにありませんでした。

2.jpgしばらく歩いていると、花は咲いており、木々の芽吹きも見ることができました。


ようやく春がやってきたと感じました。


【セイヨウタンポポ 開花】

3.jpg

【ナナカマド 芽吹き】

4.jpg


観光気分も束の間、二の沼から三の沼に行く途中の雪渓で、道がわからなくなりました。


こういう時は焦ってはいけません。


先日の地図読み講習会で学んだことを思い出します。


「残雪があると道に迷いやすいので、地図を見て進むように」


講習会で習った通りに、地図を広げ、冷静に対処しました。


しばらくしてようやく小道を発見!

5.jpg


羅臼湖といえども侮れません。


この時期に羅臼湖へ行くには、ガイドツアーに参加されることをお勧めします。


夏までには残雪と私のお腹の脂肪も消えてしまうよう祈っています。


 


(知床財団 村上)


月別アーカイブ