羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > ニュース & トピックス > 羅臼の秋を探しにいこう!(自然情報UP)

羅臼の秋を探しにいこう!(自然情報UP) [2016年09月23日]

北海道の短い短い夏も終わりです。

朝晩のぐっと冷え込んだ空気が、

長く厳しい冬の気配が秋の足音と一緒にやってきたなと

感じさせる今日この頃です。

 

さて、先日の21日にカラフトマス及びシロザケの遡上確認を行いました。

8月中旬からここ知床に遡上するカラフトマス。


sake1.jpg

9月初めの川一面がカラフトマスで埋め尽くされていた頃より

少し落ち着いてきたかなと印象を受けました。

それでも、ルサフィールドハウスの脇を流れるルサ川では

まだこんなにもたくさんの魚影が!


sake2.jpg

こちらは水中で撮った写真!

カラフトマスは背中やヒレの黒い斑点が特徴です。


sake3.jpg

カラフトマスの大群に交じって1匹だけシロザケを発見!

一般的にサケ、秋鮭とも言われるシロザケ。

「時不知(ときしらず)」や「目近(めじか)」、「鮭児(けいじ)」など

獲れた時期や産卵の時期によってたくさんの呼び名があります。

 

ここ知床では、10月頃から遡上するシロザケをちらほらと見ることが出来ます。

秋の代名詞のようなマスとサケですが、

私は、マスが夏の終わりを、サケが冬の始まりを知らせてくれている

ような感じがします。

 

ここ羅臼に来たからには、みなさんもぜひ

実際に見て、食べて、マスやサケといった旬のおいしいものを存分に堪能して、

そして、たまには六感も働かせて(?)

知床の雄大な自然を感じてみてはどうでしょうか!

 

(知床財団 インターン 渡部)


月別アーカイブ