羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > ニュース & トピックス > 野鳥の羽根標本(自然情報UP)

野鳥の羽根標本(自然情報UP) [2018年05月05日]

カワガラスの羽根(風切羽と尾羽)を使って標本を作りました。
IMG_7703.JPG
道具は厚手の紙、ボンド(テープでもOK)、ピンセット、手袋(薄手の方が作業しやすい)です。

IMG_7704.JPG
翼から羽根の根本(羽柄)を一本一本指で引っ張ります。
初めはなかなか抜けず、苦労しましたが慣れると簡単でした。
この際、羽根(羽弁)で抜いてしまうと、見た目が汚くなります(実体験)。

羽根を抜いたら、翼についていた順番通りに並べたいですよね。
この際、最も気を付けなければならないのは「風(wind)」です。
特にくしゃみ、鼻息には気を付けてください。
わたしはくしゃみで羽根が吹き飛びました。

羽根を抜いたら、羽柄にボンドをつけて画用紙に貼り付け。
これをひたすら繰り返します。
するとこんなものができました。
IMG_7706.JPG
素人が作ったものですが、これでも鳥の羽根の美しさが伝わってきます。
そのうち、時間があれば羽根の形を整えていきます。

知床財団 村上

月別アーカイブ