羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME> 羅臼ビジターセンターがお届けする最近の羅臼岳・知床連山情報> 7/12 羅臼岳の状況

百名山の一つ、羅臼岳。
その羅臼岳から連なる知床連山は、知床半島の背骨。
一歩踏み入れば、知床の雄大な地の息吹に抱かれる。

7/12 羅臼岳の状況 [2018年7月13日]

DSCN8535.JPG

羅臼温泉ルートの巡視を行いました。

 

DSCN8559.JPG

屏風岩まで雪がありませんでしたが、なんとそこから先も登山道が露出していました。

 

 

DSCN8570.JPG

屏風岩上部には雪渓がありましたが登山道がほとんど露出しており、雪渓を渡るのは実質20mほどでした。今年の雪解けは例年に比べて、かなり早めです。

 

 

P7120084.JPG

お花畑から羅臼平へのルートも雪がなくなっており、高山植物が見ごろを迎えております。

なおこの区間に設置していた迷い込み防止ロープは撤去しました。

 

 

DSCN8616.JPG

お花畑から岩清水の間にはまだ100m以上の雪渓が残っていました。スロープがなかなかあるのでご注意ください。この区間にはまだ迷い込み防止ロープを設置しています。

 

P7120129.JPG

これからあと2~3週間くらいが高山植物の最盛期でしょうか。

しっかりとした準備の上、花の羅臼岳をお楽しみください。

 

                                 環境省羅臼自然保護官事務所 高橋

月別アーカイブ