羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME> ニュース & トピックス> 【!注意!】知床の釣り事情

【!注意!】知床の釣り事情 [2019年6月18日]

高の低いところから渓流のような河川環境が広がる知床の川。
サケ科イワナ属のオショロコマをはじめ、様々な川魚が生息しています。

サケやマス釣りで有名な知床ですが、ここ最近は少し陸側に入った
川沿いで釣りをされる方を見かけることが多くなったように思います。
つい先日、釣り人が利用した河川をのぞいてみると、何やら白いものが川底にへばりついていました。

周辺を探してみると魚類の内臓や肉片と思われるものが幾つも見つかりました。
現地で魚を捌いた後に出たものと思われます。

これらはヒグマの誘因物になりかねないものです。
今回確認した場所の周辺には遊歩道があり、ヒグマが誘因されるようなことがあれば、
人身事故にもつながりかねません。
ゴミは回収するなど、必ず後処理を終えていただくようお願いいたします。

知床はヒグマが多数生息しており、民家の裏に出没することもある場所です。
現地の事情をよく理解し、マナーを守ってご利用くださいますよう、切にご協力をお願いいたします。

羅臼自然保護官事務所 宮奈

月別アーカイブ