羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME> ニュース & トピックス> 冷たい雨の後に

冷たい雨の後に [2020年2月3日]

国的に雪の少ない今年の冬。知床半島もいつもより雪の少ない冬となっております。
先週は大雪注意報が出ましたが、気温が0℃程度と高く、標高の低いところでは冷たい雨が降る程度でした。

そんな季節外れの雨上がりにお散歩へ出かけると、こんなものが見られました。

ミズナラの枝が氷で覆われています。

ハウチワカエデの枝もご覧の通り。これは「雨氷※」という現象です。
※0℃以下になっても凍らない状態にあった雨がものに付いて凍り、ものが透明な氷で覆われる現象。

例年、寒く乾燥した冬を迎えるこの時期には珍しい現象といったところでしょうか。
ちょっとおかしい天気の日にはちょっと珍しい現象が見られるものですね。
※風が強いところでは片側だけ氷に覆われているトドマツを見つけました。

日々何かが起きているこの世界。
雪が少ないのもまた一興と思い、日々の散策に励みたいと思う今日この頃です。

————————————————————————————————————————————

暖かい日が続いたためか、日当たりの良いところに
生えていたバッコヤナギの冬芽から綿毛が少し顔を見せておりました。

羅臼自然保護官事務所 宮奈

月別アーカイブ