羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME> ニュース & トピックス> 知床ディスタンス!

知床ディスタンス! [2020年9月9日]

#ニンゲンもクマも距離感が大切

と銘打って今春から知床の主要観光施設で「知床ディスタンスカード」を配布しているのをご存じでしょうか。

例えば、ヒグマを見つけたら50m以上、エゾシカとは30m以上の距離を取ってほしいと私たちは考えています。

とはいえ、実際にヒグマに出遭った時、50mという距離感が瞬時に、的確にわかる方はそんなに多くはないでしょう。

そんな時、このディスタンスカードを使えば「人と野生動物との適切かつ十分な距離」のめやすがわかります。使い方はいたって簡単。腕を伸ばしてカードを持ち、対象となる野生動物にカードをかざして窓枠の中に完全に入る距離まで後退するだけ。

観光で知床を訪れる方も、知床に住んでいる子供達も、野生動物と距離を取らなければならないのは同じです。

先日、羅臼町内小学校の夏休みを利用して『プラバンで「野生動物との♯距離感大切キーホルダー」を作ろう』という観察会を実施しました。

なぜ野生動物と適正な距離を取らねばならないのか、そしてカードの使い方を説明したら製作スタート!

プラバンに自分の好きなイラストを描いて、

オーブントースターで加熱すればみるみるうちに縮んでいきます。

カラフルな距離感大切キーホルダー!金具を付けて完成!

9月19日(土)~22日(火)は斜里町ウトロ地区の「道の駅うとろ・シリエトク」にて知床ディスタンスキャンペーンイベントを実施します。

イベントではこの「距離感大切キーホルダー」を作るワークショップも開催予定!

期間中に知床に来られる方はぜひこのワークショップに参加して、自分だけのキーホルダーを作ってみてはいかがでしょうか。

(知床財団 江口)

 

月別アーカイブ