羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME> ニュース & トピックス> 第4回観察会「光のモビール ヒンメリ作り」を実施しました。

第4回観察会「光のモビール ヒンメリ作り」を実施しました。 [2020年11月28日]

冬本番を迎える前に、クリスマスの飾りつけにもなる「ヒンメリ」作りのワークショップを開催しました。

ヒンメリは北欧フィンランドの伝統的な装飾品。

「光のモビール」とも呼ばれ、クリスマスの装飾に用いられますが、冬の時期以外にも日ごろから食卓やゆりかごの上などにつるし、幸福を願うためにも飾られるそうです。
今回のワークショップでは羅臼町内で採取した「イタドリ」を使いました!

夏はヒグマの隠れ場所になるほど道路脇に繁茂するイタドリも、秋になると葉が落ち、立ち枯れします。

今回はそんな秋のイタドリを事前に採取し、材料として準備しました。

 

製作する作品はこちら「六角星」。

大人も少し苦戦する、難易度の高い作品です。

 

 

いざ始まってみれば大人も子供も、驚くほどの集中力で製作に取り組み、

クリスマスらしい装飾を施して、

全員が作品を完成させました!

作り終えた参加者全員の笑顔がキラキラとまぶしいこと!これが「光のモビール」と言われる所以なのかも?!

今回ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

お部屋に飾っていただけると講師冥利につきます。

素敵なクリスマスになりますように。

(知床財団 江口)

 

 

月別アーカイブ