羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME> ニュース & トピックス> 知床のタワマン(外観のみ)

知床のタワマン(外観のみ) [2021年1月15日]

雪原を散策していると、上から下までたくさんの丸い穴の開いた1本の木を見つけました。

木の「上部」。

木の「下部」。

これらは全てキツツキが巣穴として堀ったものと思われます。

食痕(木の中の虫を食べるために掘った痕)は縦長の形状になることが多いからです。

タワーマンションのごとく1本の木に何部屋も作ったキツツキ達ですが、彼らが巣穴を掘る時、労力や構造を最小限にするため、そのサイズは自らのウエストとほぼ同じです。

効率性を重視した「省エネ設計」の巣穴の施工主は、直径からアカゲラサイズのキツツキと推定。

ちょっと巣穴をのぞき見。

あ、浅い・・・キツツキが入れると思えない浅さ。

写真の穴はキツツキが実際に住める形状ではありませんでした。

ちゃんといい家に引っ越しできたのかしら。

 

(知床財団 江口)

月別アーカイブ