羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼湖 > 羅臼ビジターセンターがお届けする最近の羅臼湖情報 > 7月25日【羅臼湖巡視】自然情報

知円別岳の麓に水を湛える知床半島最大の湖、羅臼湖。
湿原植物の色、動物たちの声、山岳が映る湖面が揺れる。

7月25日【羅臼湖巡視】自然情報 [2012年07月25日]

羅臼湖巡視に行って来ました。

羅臼湖はすっかり夏らしくなり、羅臼湖の雪渓もほぼ溶け湿原植物たちが多く姿を見せるようになりました。

sannonuma

3の沼に写る羅臼岳

mousengoke

3の沼のモウセンゴケ

羅臼湖には、現在ヒグマがしばしば姿を見せています。羅臼湖を訪れる際には、熊スプレー、熊鈴を所持するなど、対策を万全にし、もしヒグマに出会ってしまったらどうすれば良いかしっかり確認した上で羅臼湖トレッキングに臨むようにしてください。

ヒグマについては、こちら下記のサイトを参考にしてください。

羅臼ビジターセンター 「ヒグマとの共存のために」ページ

http://rausu-vc.jp/brown_bear/

 

<羅臼湖で観察できた動植物>

鳥類:ウソ、ウグイス、ツツドリ、トラツグミ、アマツバメ、キンクロハジロ

両生類:エゾアカガエル

爬虫類:アオダイショウ

植物:ヒオウギアヤメ、ヤマブキショウマ、ヤナギラン、ゴゼンタチバナ、ワタスゲ、エゾコザクラ、ミツバオウレン、チングルマ、イソツツジ、ミヤケスゲ、モウセンゴケ、マイヅルソウ、コケモモ、ナガボノシロワレモコウ、エゾカンゾウ、ミズバショウなど

                             (環境省  菅原)

月別アーカイブ