羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼湖 > 羅臼ビジターセンターがお届けする最近の羅臼湖情報 > 7月3日【羅臼湖巡視】情報

知円別岳の麓に水を湛える知床半島最大の湖、羅臼湖。
湿原植物の色、動物たちの声、山岳が映る湖面が揺れる。

7月3日【羅臼湖巡視】情報 [2012年07月03日]

 

羅臼湖へ行って来ました。 

この日の羅臼湖はとても霧が多い天候でした。晴れの日もとても綺麗なのですが、霧の風景も幻想的です。 

巡視では、いろいろな植物を観察する事ができました。oobatatitubosumire

 

上の写真は羅臼湖付近で観察されたオオバタチツボスミレ

isotutuji 

3の沼で観察できたイソツツジ

 しかし近年エゾシカが高山帯まで分布域を広げ、羅臼湖周辺でも多くの食害が確認されています。

昔はアヤメがたくさん咲いていた場所でも、現在では一部でしか咲かなくなっているという話も聞きました。エゾシカの問題は、今後さらに力を入れて取り組んでいかなくてはいけない課題です。

羅臼湖周辺には希少な湿原植生が残されています。  

 

<羅臼湖巡視で観察できた動植物>

鳥類:ツツドリ、ビンズイ、ウグイス、シジュウカラ、アオジ、ルリビタキ、ギンザマシコ、マガモ、オオジシギ、アカハラ、クロジ、ウソ

植物:[在来]ウコンウツギ、エゾスカシユリ、ウツボグサ、ウスイロスゲ、ハクサンチドリ、ヒオウギアヤメ、スズラン、ゴゼンタチバナ、ヒメイチゲ、ワタスゲ、チシマウスバスミレ、ミツバオウレン、ヒメシャクナゲ、ショウジョウスゲ、ミツガシワ、ウラジロナナカマド、オオバタチツボスミレ、マイヅルソウ、ヒメマイヅルソウ

   [外来]シロツメクサ、コウリンタンポポ

 哺乳類:キタキツネ

                              (環境省 菅原)

月別アーカイブ