羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼湖 > 羅臼ビジターセンターがお届けする最近の羅臼湖情報 > 9/13羅臼湖の状況

知円別岳の麓に水を湛える知床半島最大の湖、羅臼湖。
湿原植物の色、動物たちの声、山岳が映る湖面が揺れる。

9/13羅臼湖の状況 [2018年09月14日]

 9月に入り2週目には寒波の影響で知床では朝夕に7℃程度まで気温が下がる日もありました。羅臼岳や羅臼湖などの高地を利用される方は特に防寒対策を忘れないようご注意ください。

P9130076.JPG
















 

 秋晴れの中、久しぶりに見た逆さ羅臼岳。映し出す3の沼はすっかり秋の息吹に包まれておりました。




















 日に日に色付くオガラバナの葉。遊歩道が紅葉に包まれる時ももうすぐです。




















 羅臼湖では久しぶりにエゾアカガエルの鳴き声を聞きました。彼らの姿を見られるのも後ほんの数ヶ月です。



P9130121.JPG
















 生きものの気配が次第に少なくなる今、元気に活動している生きものもいます。秋を感じさせるトンボ、ムツアカネ(写真は雌。雄は全体的に黒色をしています)です。秋の空を自在に飛び回り、狩りに勤しんでおりました。



P9130178.JPG
















 足下(イワウメの葉)も次第に色付いてきております。



 羅臼湖全体が足並みをそろえて秋の色を濃くしていっております。最近は秋晴れとなる日も多く、散策日和が続いております。短い秋の訪れをのんびりと湖を眺めながら過ごしてみては如何でしょうか。



確認した生物は以下の通りです(植物は開花している種のみ記載しています)。
 植  物:ウメバチソウ、エゾリンドウ、ハンゴンソウ、ミミコウモリ
 鳥  類:ノスリ、Cuculus sp.、アカゲラ、アマツバメ、アオジ、ヒガラ
 昆  虫:アオイトトンボ、オオルリボシヤンマ、アキアカネ、ムツアカネ
 両生類:エゾアカガエル




羅臼自然保護官事務所 宮奈

月別アーカイブ