羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼湖 >羅臼湖ルート概要

知西別岳の麓に水を湛える知床半島最大の湖、羅臼湖。
湿原植物の色、動物たちの声、山岳が映る湖面が揺れる。

羅臼湖ルート概要

rote1.jpg 所要時間:片道約1時間30分

距離:片道約3km

標高差:約80m

装備:長靴着用

駐車場:なし

    (路線バス利用、知床峠駐車場から徒歩)

トイレ:なし

    (携帯トイレブース,回収ボックスあり)

rote2.jpg<コース概要>

 羅臼湖入口から4つの沼を通過し、羅臼湖へ至るコースです。羅臼湖は知床国立公園最大の湖沼です。ダケカンバ、トドマツの混交林の合間に点在する湿原や雪田では初夏にはチングルマやワタスゲのお花畑が、また秋には草紅葉が広がり季節ごとに異なる表情を堪能できます。

 羅臼湖歩道は山岳地帯にあり、軽登山に準じた装備と経験、体力が必要です。木道などの施設は必要最小限しか整備しておらず、大人数による利用は想定していません。羅臼湖の自然条件やルールをより一層理解するためには、事前に当ビジターセンターなどにお立ち寄りください。

 なお、ガイドツアーに参加することで、より安全に羅臼湖歩道を利用し、羅臼湖の素晴らしさをより良く理解することができます。そのため、ガイドツアーの利用を推奨します。

※「羅臼湖トレッキングガイド」は、羅臼ビジターセンターと知床自然センターの売店で発売しております。