羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼岳・知床連山 > 羅臼ビジターセンターがお届けする最近の羅臼岳・知床連山情報 > 6月23日【羅臼岳】巡視情報

百名山の一つ、羅臼岳。
その羅臼岳から連なる知床連山は、知床半島の背骨。
一歩踏み入れば、知床の雄大な地の息吹に抱かれる。

6月23日【羅臼岳】巡視情報 [2010年06月24日]

本日は、羅臼岳巡視に行ってきました。

 

現在、羅臼側の登山道では、ヒグマの出没が多数目撃されています。ヒグマとの事故を未然に防ぐためにも、不意な遭遇を避けること(鈴を身につける・見通しの悪いところは声を出すなど)や、クマスプレーの携行など、ヒグマ対策を必ず行いましょう。また、ヒグマに人間の食べ物の味を覚えさせないためにも、食料は体から離さないこと、野営時にはフードロッカーを使用するなどしましょう。

誤った行動や判断は、自分の身に危険がふりかかると同時に、仲間やあとから訪れる人に危険を及ぼしかねません。

事前にヒグマへの対処法を身につけ、情報収集を行ってから、入山しましょう。

羅臼岳の情報は羅臼ビジターセンター、知床自然センター、知床世界遺産センターで得ることができます。ぜひ、お立ち寄り下さい。

higumachuuikanban_100624.JPG

登山口にある入林箱に注意看板を設置しました。

sekkeichuuikanban_100624.JPG

まだ雪渓も残っています。アイゼン、ピッケルは必携です!

hakusannchidori_100624.JPG 

可憐な立ち姿 ハクサンチドリ

 

〈羅臼岳で見られたもの〉

 

鳥類:カッコウ、ツツドリ、アオバト、アマツバメ、カワガラス、キセキレイ、

   コゲラ、シジュウカラ、ゴジュウカラ、ウグイス、エゾムシクイ、キビタキ、

   ルリビタキ、ミソサザイ、コマドリ

植物:チシマザクラ、エゾシモツケ、キバナシャクナゲ、コヨウラクツツジ、

   エゾコザクラ、アイヌタチツボスミレ、タチツボスミレ、ヒメイチゲ、

   マイヅルソウ、エゾクサイチゴ、エゾエンゴサク、ミツバオウレン、

   ハクサンチドリ、ミヤマハタザオ、ミヤマハンショウヅル、ツマトリソウ、

   ゴゼンタチバナ、コンロンソウ、オドリコソウ、ハイキンポウゲ、

   イナモリソウ

(環境省:後藤)

月別アーカイブ