羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼岳・知床連山 > 羅臼ビジターセンターがお届けする最近の羅臼岳・知床連山情報 > 7月1日【羅臼岳】巡視情報

百名山の一つ、羅臼岳。
その羅臼岳から連なる知床連山は、知床半島の背骨。
一歩踏み入れば、知床の雄大な地の息吹に抱かれる。

7月1日【羅臼岳】巡視情報 [2011年07月01日]

今日は、7/3に山開きを控えた羅臼岳の登山道整備を行ってきました。

7月に入ってもまだまだ雪渓が残っている場所は登山道や道標も
出ていないため、ルートを誤って、遭難したり迷い込む危険があります。
そのため毎年この山開き前の時期に、こうしたトラブルが起きないよう、
対策を講じています。
屏風岩の雪渓では、迷い込みを防止するためのロープを設置しました。
また、岩清水コースと羅臼平コースの分岐周辺の雪渓には、ルートを示す
目印付きの杭を打ち込みました。

雪渓では10本以上の爪をもつアイゼンと、ピッケル又はストックが必要です。
また、雪渓上に限らず悪天候時はルートを見失いやすくなりますので、
正確な地図読みや雪上技術が必要になります。

また、クマスプレーや鈴は必ず携行するようにしてください。
クマスプレーはビジターセンターでレンタルすることもできますし、
事前にヒグマ対処法を身につけ、情報収集を行うようにしてください。

屏風岩の迷い込み防止ロープを設置しています。

110701_byoubuiwaro-puhari.jpg 

<羅臼岳で見られたもの(声・痕跡含む)>

ほ乳類:ヒグマ(糞)
鳥類:コマドリ、エゾムシクイ、エゾセンニュウ、メボソムシクイ、
   センダイムシクイツツドリ、ミソサザイ、ノゴマ、ウグイス、
   ルリビタキ
植物:チシマフウロ、ミヤマハタザオ、ウツボグサ、ゴゼンタチバナ、
   ハクサンチドリ、エゾスカシユリ、ツマトリソウ、エゾシモツケ、
   ミヤマハンショウヅル、コケモモ、イソツツジ、オオヤマフスマ

(環境省:後藤)

月別アーカイブ