羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼岳・知床連山 > 羅臼ビジターセンターがお届けする最近の羅臼岳・知床連山情報 > 10月10日 【羅臼岳】登山道情報

百名山の一つ、羅臼岳。
その羅臼岳から連なる知床連山は、知床半島の背骨。
一歩踏み入れば、知床の雄大な地の息吹に抱かれる。

10月10日 【羅臼岳】登山道情報 [2011年10月12日]

3連休の最終日、紅葉狩りをしに羅臼岳に登ってきました。今回は羅臼から登り、ウトロへ降りる半島横断コースを選びました。

紅葉の最前線は現在、羅臼側(湯ノ沢口)で「第一の壁」付近、ウトロ側(岩尾別口)では「弥三吉水」付近が最も見頃を迎えていました。

daiinokabekouyou.jpg

 

 

 

 「第一の壁」付近から撮影

 

 

 

 

 

111012ashimotohayuki.jpg

 

 

 

山頂付近には雪も!

スリップ注意!!

 

  

 

 

山頂付近は既に雪が一度降っており、数日経った今も積雪が残っている状態で、気温もかなり低くなっています。紅葉登山はもう数日は楽しめますが、くれぐれも準備は万全に整えてから望みましょう!

 

ohanabatakekumafun.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

道脇にはヒグマの糞も・・・。ハイマツの実をたっぷり食べたようで、近くに寄っても松ヤニの臭いしかしませんでした。最近、登山道でのヒグマの出没情報も相次いでいるようです。知床は、やっぱり油断できません。

 

(木村)

月別アーカイブ