羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼岳・知床連山 > 羅臼ビジターセンターがお届けする最近の羅臼岳・知床連山情報 > 7月14・15日【知床連山巡視】自然情報

百名山の一つ、羅臼岳。
その羅臼岳から連なる知床連山は、知床半島の背骨。
一歩踏み入れば、知床の雄大な地の息吹に抱かれる。

7月14・15日【知床連山巡視】自然情報 [2012年07月15日]

7月14・15日と知床連山の巡視に行って来ました。

知床連山に今の季節、様々な高山植物が咲、色とりどりの花々が迎えてくれました。幸い天気にも恵まれ、知床連山を一望する事ができました。

renzan

オッカバケ岳から硫黄山側の知床連山

iwagikyou

羅臼平のイワギキョウ

ezonotugazakura 

硫黄山のエゾノツガザクラ

 

夏の知床連山には多くの利用者が訪れます。知床連山は、希少な動植物が多く原生的な自然が残されています。

このような自然を守っているためには、利用者皆さんの協力が必要不可欠です。テント場では、植生を痛めないよう携帯トイレを使用し、テント場以外の場所にテントを張らないようにしてください。またヒグマを引きつけないために、食料はフードロッカーに保管してください。これらのルールを守ってご利用いただくようご協力宜しくお願いします。

 いつまでも美しい知床連山を守って行きましょう。

 

<連山巡視で観察できた動植物>

鳥類:ギンザンマシコ、ルリビタキ、コマドリ、ヒガラ、ミゾサザイ、カケス、クマゲラツツドリ、ゴジュウカラ、アマツバメ、ヤブサメ

植物:チングルマ、ゴゼンタチバナ、エゾコザクラ、エゾカンゾウ、ミツバオウレン、イソツツジ、ウラジロナナカマド、エゾノツガザクラ、アオノツガザクラ、シラネニンジン、ハイオトギリ、コケモモ、マルバシモツケ、ハクサンチドリ、チシマフウロ、イワギキョウ、ナガボノシロワレモコウ、メアカンフスマ、チシマツガザクラ、エゾツツジ、キバナシャクナゲ、チシマノキンバイソウ、イワブクロ、マイヅルソウ、トウゲブキ、ヨツバヒヨドリ、ミヤママタタビ、ツルアジサイ、エゾヒメクワガタ、コメバツガザクラなど

                   

                              (環境省 菅原)

月別アーカイブ