羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼岳・知床連山 > 羅臼ビジターセンターがお届けする最近の羅臼岳・知床連山情報 > 9月10日【羅臼岳】登山道情報

百名山の一つ、羅臼岳。
その羅臼岳から連なる知床連山は、知床半島の背骨。
一歩踏み入れば、知床の雄大な地の息吹に抱かれる。

9月10日【羅臼岳】登山道情報 [2013年09月10日]

9月10日に、羅臼岳巡視に行ってきました。
当日は晴天。巡視日和でした。
01.jpg

●木隠れの滝です
※登山道入り口から木隠れの滝まで、木道や岩場などすべりやすい箇所があります。雨天時はご注意ください。

02.jpg
●大沢の雪渓
雪壁のようだった大沢の雪渓もだいぶ溶けていました。

03.jpg
●屏風岩の雪渓
難所である屏風岩も雪解けが進み、登山道を利用してお花畑までむかうことができます。

04.jpg
●お花畑から石清水にむかうルート
急な斜面の雪渓が9月11日現在も残っています。
アイゼンを利用するか、足下に細心の注意をはらいお通りください。
05.jpg
お花畑ではアオノツガザクラをはじめ高山植物が見頃を迎えています。
多くのマルハナバチがせっせと花粉集めに勤しんでいました。

下山時には、屏風岩で日光浴しているアオダイショウの幼体に遭遇。
いろんなの生き物にであえた巡視となりました。


※羅臼岳登山道においてヒグマ目撃情報がよせられています。
見通しの悪い箇所では声だし、熊鈴や熊スプレーを携帯しましょう。
なお熊スプレーは羅臼ビジターセンターでレンタルが可能です。

連山を計画されている方は、フードロッカーの利用もお願いします。
(携帯トイレもお忘れなく!)



【自然情報】
鳥類:ミヤマカケス
植物:アオノツガザクラ、チングルマ、タカネトウチソウ、エゾシモツケ、イワヒゲ、エゾツツジ
昆虫:エゾオオマルハナバチ、エゾヒメマルハナバチ、クジャクチョウ
は虫類:アオダイショウ(幼体)
(環境省 上村)

月別アーカイブ