羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼岳・知床連山 > 羅臼ビジターセンターがお届けする最近の羅臼岳・知床連山情報 > 9月8日~9日【知床連山自然情報】

百名山の一つ、羅臼岳。
その羅臼岳から連なる知床連山は、知床半島の背骨。
一歩踏み入れば、知床の雄大な地の息吹に抱かれる。

9月8日~9日【知床連山自然情報】 [2015年09月10日]

DSCN9386.JPG

みなさんこんにちは

 

さる98日から9日まで12日で知床連山縦走路※の巡視を行いました。



150908-09 (6).JPG

縦走路上では高山植物の開花が終わりつつありますが、

紅葉が始まっており青と赤のコントラストが目を楽しませてくれます。

(写真左上から時計回りにエゾオヤマノリンドウ、クロウスゴの実、

  ナガバキタアザミ、コケモモの実とシラタマノキの紅葉)


150908-09 (2).JPG

昆虫たちも見られました。左上のバッタ以外は水生の昆虫です。

見た目は何もいなそうな二ツ池ですが、多くの水生生物が生息しています。

(写真左上から時計回りにダイセツタカネフキバッタ、ラウスナガケシゲンゴロウ、

 ミズムシ亜成虫、カクツツトビケラのなかま)

 

150908-09 (3).JPGのサムネール画像

 

 

DSCN9707.JPG

ヒグマも確認しました。

上の写真はカムイワッカ湯の滝付近でこの周辺は例年ヒグマの目撃が多いです。

下の写真はミクリ沼周辺で3頭の子連れです。最近、縦走者より三ツ峰から知円別間で親子熊を目撃したとの情報が複数よせられています。



150908-09 (5).JPG 

二ツ池では日没直前に羅臼の空を反射したピンクの池が現れました。

 

 

150908-09 (1).JPG

縦走路上は現在、秋の風が吹いております。

また日没前から日没後は冷え込みが厳しくなってきました。

 

環境省 羅臼自然保護官事務所 高橋

 

※現在縦走路上の水場は第一火口の雪渓を残すのみとなりました。






月別アーカイブ