羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼岳・知床連山 > 羅臼ビジターセンターがお届けする最近の羅臼岳・知床連山情報 > 7月1日【羅臼岳ロープ設置のお知らせ】

百名山の一つ、羅臼岳。
その羅臼岳から連なる知床連山は、知床半島の背骨。
一歩踏み入れば、知床の雄大な地の息吹に抱かれる。

7月1日【羅臼岳ロープ設置のお知らせ】 [2016年07月05日]

今年も山開きを前に羅臼温泉ルートの迷い込み防止用ロープ設置を、羅臼山岳会と林野庁グリーンサポートスタッフとで行ってきました。

 

DSCN9500.JPG

 

それでは、羅臼温泉登山口から羅臼平方面まで順に、設置箇所をご紹介します。

 

 

 

3.jpg

こちらは泊場から涸沢間にある斜面付近です。

急な斜面を登った先が二方向に行ける状態になっており、ルートではない方向に行かないよう、ロープとピンクテープを設置しました。

 

 

1.jpg

こちらはルートの横から見た写真です。破線上にロープがあります。

(このロープは登り降りを補助するものではないので、つかまらないで下さい。強度はありませんので、切れて危険です。)

 

 

2.jpg 

こちらは羅臼平からの下山時に迷いやすい屏風岩周辺です。

直進するとサシルイ川の原頭方向に行き、登山道からは離れてしまいます。

破線上にロープを設置しました。

 

DSCN9520.JPG

横からみた設置状況です。 

 

 

DSCN9513.JPG

ちなみに屏風岩の雪渓はこの様な状況になっております。

滑落すると傾斜と距離がありますので、スピードがつきます。

アイゼンとピッケル持参がよろしいかと思います。

 

 

 

DSCN9496.JPG

お花畑分岐にも二方向にロープを設置しました。

(こちらも登り降りを補助するものではありません。危険ですので、つかまらないで下さい。)

 

P1120818.JPG

こちらは分岐から岩清水への直登ルートです、傾斜は急ですが

間にハイマツ等のブッシュは挟みません。

 

DSCN9487.JPG

こちらは羅臼平へのトラバースルートです。

登山道が一部露出しており、ロープは登山道をまたいだ雪渓上に設置しております。

 

 

DSCN9494.JPG

写真の通り広大な雪渓地帯に目印はロープ以外ありません。

視界不良時には方向感覚を失いやすく、道迷いが発生しやすいです。

 

 

以上の他にもピンクテープなどの道標の設置を行いましたが、羅臼温泉ルートは岩尾別ルートと比較して距離が長く(山頂までの往復をすると最短でも11時間)、屏風岩のような急な雪渓をはさむほか、ルートが一部不明瞭な所があり、例年、特に岩尾別側から入山し羅臼側に下山する方が遭難一歩手前となる事例が報告されています。難易度をご理解いただいた上でご利用くださいますようお願いします。

 

                                                                                          環境省 羅臼自然保護官事務所 高橋

月別アーカイブ