羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 羅臼岳・知床連山 >岩尾別コース

百名山の一つ、羅臼岳。
その羅臼岳から連なる知床連山は、知床半島の背骨。
一歩踏み入れば、知床の雄大な地の息吹に抱かれる。

岩尾別コース

iwao1.jpg所要時間:登り5時間

      下り4時間

距離:6.9km

標高差:1420m

駐車場:木下小屋周辺など(無料)

水場:弥三吉水、銀冷水、岩清水

野営地:羅臼平

携帯トイレブース:銀冷水

<コース概要>

copyiwagikyou.jpg 岩尾別口から知床最高峰の羅臼岳山頂に至るコースです。羅臼温泉コースより比較的初級者向けです。

 木下小屋~オホーツク展望~弥三吉水~銀冷水~大沢~羅臼平~岩清水といったポイントを通過する登山道は良く整備されており、毎年シーズンには多くの登山客に利用されています。

 鬱蒼とした深い森の中に続く登山道を抜け、残雪のある大沢へと到着すると、両斜面には色とりどりの高山植物が広がり、羅臼岳山頂に至るまでのハイマツ林ではギンザンマシコやノゴマといった鮮やかな野鳥が見られたりと、知床の森・山をじっくり満喫できるコースです。

6~8月頃は8合目の羅臼平には様々な高山植物が咲きます。アオノツガザクラ、エゾキンバイソウ、エゾコザクラ、イワヒゲ、エゾツツジ、イワギキョウ、イワブクロ、チングルマ、メアカンフスマなど。

・銀冷水に携帯トイレブースがある他は登山道沿いにトイレはありません。登山前にトイレを済ませ、行動中は携帯トイレを使用してください。

・大沢などは夏まで雪渓が残ります。アイゼン、ピッケル等を持参し、雪渓の上を歩きましょう。(融雪した登山道以外の斜面を歩く行為は、植生を傷めることになります。)

iwao-map.jpg

知床フィールドガイド②羅臼岳・硫黄山自然観察ガイド※(発行:知床サイト)より引用

※「羅臼岳・硫黄山自然観察ガイド」は、当ビジターセンターと知床自然センターの売店で発売しております。