羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 知床の自然をもっと詳しく知る > [植物]草本 > ゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナ

学名 Chamaepericlymenum canadense

御前橘

高さ5-15cmのミズキ科の多年草。4枚の葉が対になってつき、花のつく茎には6枚の葉がつきます。
6月中旬から8月上旬に白い花が咲き、花が終わった後には赤い実がつきます。

羅臼湖歩道や羅臼岳登山道、知床連山縦走路など、知床半島の標高の高いところで最も普通に見かける高山植物です。
特に羅臼湖歩道を歩く方は、すれ違いの際などに足下のゴゼンタチバナを踏まないよう、ご注意願います。