羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 知床の自然をもっと詳しく知る > [魚類]海水魚 > カラフトマス

カラフトマス

英名 Pink Salmon 
学名 Oncorhynchus gorbuscha
アイヌ語名 トピリ、エモイ、ヘモイ
全長 50~60 cm
体重 1.0~2.5 kg

知床を代表するいきものの一つ。シロザケより一回り小さい。
オスは背中が大きく盛り上がるという特徴から背っぱりマスとも呼ばれます。
ほとんどが2年で回帰し、母川へ戻る習性がシロザケほど強くないため、驚くような小さい川にも遡上していることがあります。

ヒグマなど山の生き物の重要な餌であり、シロザケ同様に海でたくわえた栄養を山へ運ぶ、知床の生態系に欠かすことのできない重要な役割を果たしています。

夏の終わりが近づくと、知床半島の多くの河川で遡上する姿を観察することが出来ます。
通常は8月中旬から9月末が見頃です。