羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 知床の自然をもっと詳しく知る > [魚類]海水魚 > シロザケ

シロザケ

別名 サケ、シャケ、アキサケ、アキアジなど
英名 Chum salmon, Dog salmon
学名 Oncorhynchus keta
アイヌ語名 カムイチェプ、シベ、イペ
全長 60~75 cm
体重 2.5~5.0 kg

北海道を代表する魚類。川で生まれて海へ下った後3~5年で帰ってきますが、戻ってくるのは4年魚が最も多いようです。オホーツク海、北太平洋、ベーリング海を旅して大きく成長します。

体色(婚姻色の有無)や成長段階、漁獲時期、母川などによる様々な別称があり、ギンケ(銀毛)、ブナ、ホッチャレ、トキシラズ(トキ、トキザケ)、メジカ、ケイジなどと呼ばれている魚はすべて、生物学的には「シロザケ」という同じ種です。

知床半島の羅臼町側では、9~11月に大きめの河川(羅臼川、春苅古丹川など)で遡上する姿を観察することができます。
カラフトマスと同様に、ヒグマやシマフクロウ、ワシ類などの貴重な餌です。


Toki_5667-s.JPG