羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 知床の自然をもっと詳しく知る > [ほ乳類]海 > トド

トド

トド.jpg

英名 Steller sea lion
学名 Eumetopias jubatus
アイヌ語名 エタシペ 「いびきをかく者」
体長 230 - 300 cm
体重 240 - 1,000 kg (オスの方が巨大)

 アシカの仲間に属し、現存するアシカ類14種中では最大です。
 北太平洋とその周辺 (オホーツク海、ベーリング海など) の沿岸海域に生息しており、魚やイカ、タコなどを幅広く食べます。
 繁殖期は6 - 8月。無人島などで出産・育子・交尾をしますが、日本には繁殖場はありません。日本へは北海道と青森県の一部に、ロシアうまれ集団の一部が越冬のために南下してきます。

 知床半島では、斜里町側 (ウトロ側) よりも羅臼町側へ圧倒的多数のトドがやってきます。なお、羅臼に来るトドの群れ構成は、妊娠したメスの割合が大きいことが特徴です。
 12 - 1月には羅臼沿岸でたくさんのトドを海岸から観察することができますが、例年2月頃に流氷が来ると大部分は移動してしまい、残った少数個体も沖合へ出てしまうため、観察は難しくなります。