羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > 知床の自然をもっと詳しく知る > 知床風景選 > ホエールウォッチング

ホエールウォッチング

知床半島の羅臼町側の沖合ではホエールウォッチングが楽しめます。
ホエールウォッチング1.jpg対象種はミンククジラ、シャチ、マッコウクジラ、ツチクジラ、イシイルカ、カマイルカなどです。

特に7月から9月にかけては、マッコウクジラを比較的安定して観察することができます
陸のすぐ近くに深い海がひろがる羅臼沖は、日本でも数少ない、マッコウクジラの好適観察ポイントです。

実はマッコウクジラは、11月から12月初め頃まで羅臼沖にいるようです。しかし、秋は海が荒れて観光船が欠航になることが多く、たとえ海が穏やかな日であっても、お客さんが少なすぎて船が出なかったりするため、詳しいことはまだよくわかっていません。 ホエールウォッチング2.jpg ホエールウォッチング3.jpgマッコウクジラの鼻の穴


知床半島の観光船というと、ウトロ港発の船しか想像していなかったあなた!
ウトロ発の船では崖やヒグマ、イルカは見られますが、大型クジラとの遭遇の
機会はあまりありません。

大きなクジラを見たければ、羅臼港発着の観光船を是非お試し下さい!!


知床でのホエールウォッチングの詳細については、下記のHPもご覧ください。

知床羅臼町観光協会のページ
http://www.rausu-shiretoko.com/cruiser.html