羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > その他の歩道 > 羅臼ビジターセンターがお届けする熊越えの滝情報 > 10月24日【熊越の滝巡視】自然情報

10月24日【熊越の滝巡視】自然情報 [2012年10月24日]

 熊越の滝巡視に行って来ました。

  私たち、環境省アクティブレンジャーが行っている業務の1つに「利用者カウンター管理」があります。

 「利用者カウンター」とは、その名の通り訪れた人をカウントする機械で、ここ熊越の滝にも設置してあります。利用者カウンターは、国立公園に訪れる人の利用状況を把握し、収集したデータは適正に利用するための検討やルール作りの基礎的な資料になるのです。

 今日は、その利用者カウンターの撤去をしました。冬の雪に閉ざされてしまう前に、今シーズンのお仕事を終えたカウンターを撤去し、来シーズンに備えてメンテナンスを行うのです。

 熊越の滝は、雪が積もった冬でもスキーやスノーシューなどで訪れることができます。モノトーンに包まれた滝が見せる表情もまた、一見の価値アリ!ですので、ぜひいらしてください。羅臼ビジターセンターでは散策マップを無料でお配りしています。

紅葉と熊越の滝

 秋はエゾシカの繁殖期で、オスジカがメスジカを呼ぶ雄叫びが「フィ~ヨォ~」などという声で聞こえてきます。この声をラッティングコールといいます。熊越の滝でもラッテイングコールをしているオスジカが観察できました。

熊越の滝のエゾシカ(オス)

 繁殖期である秋は、エゾシカの行動が活発になり、エゾシカと接触する事故が多く発生しています。道路にエゾシカが急に飛び出してくる事もあります。特に夜間の長距離運転などの際には、自動車のライトをハイビームにして走行する事をおすすめします。くれぐれも事故にはご注意ください。

 

■自然状況(植物は開花状況)

   野鳥:ゴジュウカラ、アオジ、カワガラス、コゲラ、アカゲラ

  植物:[外来]ヒメジョオン

  哺乳類:エゾシカ

 

                                  (環境省 菅原)

月別アーカイブ