羅臼岳・知床連山|知床世界自然遺産・知床国立公園 羅臼ビジターセンター

北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢6-27 TEL.0153-87-2828

HOME > その他の歩道 > 羅臼ビジターセンターがお届けする羅臼温泉園地歩道情報 > 10月3日【温泉園地歩道巡視】自然情報

10月3日【温泉園地歩道巡視】自然情報 [2012年10月03日]

 羅臼温泉園地歩道の巡視に行って来ました。

 羅臼温泉園地歩道は、羅臼温泉熊ノ湯と、らうす第一ホテル前の公衆トイレがある駐車場までの歩道です。全長約1km、所要時間1時間程度の林内を散策できる遊歩道は、快適な木道やアップダウンのある歩道の石畳など実に表情ゆたか。適度な運動になり、距離も短いので体力にあまり自信がない方でも楽しめるコースです。また、早朝には多くの野鳥を観察する事ができる隠れた名スポットでもあります。

onsenenti

木道の様子

 

 今日の羅臼温泉園地歩道では、たくさんの落ち葉を観察する事ができました。ここで観察できた落ち葉を少し紹介したいと思います。

onsenenti_otiba

 上の写真の左上の黄色に色づいた落ち葉が、アカイタヤです。アカイタヤはカエデの仲間で、春の芽吹きの時期にも春紅葉といって葉を赤く染めます。左上の右側の茶色の葉は、エゾイタヤです。このエゾイタヤは、アカイタヤと近縁な樹木で、これもカエデも仲間です。下段は、左からダケカンバ、ケヤマハンノキ、ナナカマドです。他にも、ハリギリ、カツラ、オガラバナ、ミズキ、ミズナラなど多くの種類の落ち葉を観察する事ができました。

 秋は、樹木の葉の観察がしやすく、種類が大変覚えやすいです。皆さんも近くの林に出向き、図鑑片手に落ち葉観察などいかがでしょうか?

 なお、羅臼温泉園地歩道は安全のため、冬季期間は閉鎖されます。(例年11月~4月下旬)ご注意ください。山の秋の装いを楽しみつつ、散策後は熊ノ湯で体を温める、そんなことができるのも今だけ。どうぞお越しくださいね。また、羅臼ビジターセンターでは今回案内しました羅臼温泉園地歩道の散策路マップを無料でお配りしています。どうぞお立ち寄りください。

 <観察できた動植物>

野鳥:アオジ、アカゲラ、コゲラ、ハシブトガラ、ゴジュウカラ

植物:[在来]ミミコウモリ、ミゾソバ

 

                              (環境省 菅原)

月別アーカイブ